menu

遺品整理の立ち会いは必要か不要か | 立ち会いでするべきこと

遺品整理のイメージ

「遺品整理を業者に依頼する場合、作業当日は自分たちも現場に行った方がいいのかな?」と疑問に思うことがあるかもしれません。

 

そこで今回は、遺品整理の作業当日の立ち会いについて、お伝えしていきます。

遺品整理の立ち会いは必要という訳ではない

そもそも、遺品整理の作業当日の立ち会いは、必ずしも必要という訳ではありません。

  • 遠方にお住まいの方
  • 大家さんや福祉施設のスタッフさんなど第三者の方

上記のような方には、立ち会いのないプランが提案されることが多いです。

 

「必ずしも遺品整理に立ち会わないといけない……」と思うと、遺品整理が負担になりがちですが、実際は柔軟な対応が可能で、ご依頼者様の負担が少なく済むよう工夫されています。

 

※当社「アーチグリーン」にも、立ち会いなしで遺品整理をすべて任せていただける”らくらくプラン”があります。

⇒ アーチグリーンの「らくらくプラン」

立ち会い無しの遺品整理の流れ

作業員イメージ

立ち会い無しで業者に任せる遺品整理の流れは、大まかに言うと以下のようになります。

  1. お問い合わせ
  2. 無料お見積り
  3. 契約
  4. 作業を任せ、報告を受ける
  5. 遺品整理完了

以下で、立ち会い無しで遺品整理を業者に任せる場合に知っておきたい、ちょっとしたポイントを挙げてみましょう。

 

ポイント1.お見積りについて

遺品整理作業に立ち会えない場合であっても、お見積りには立ち会いを頼まれることが多いです。

それは「大切な遺品が無くなった!」というようなトラブルを防ぐ目的で、お家に何があるのか、全体的に把握してもらうためです。

 

もちろん完全に把握することは難しいですが、通常なら見逃しがちな引き出しなども、業者と一緒にチェックして、中身が何なのか確かめます。

お見積りの金額に納得がいけば、”立ち会い無し・遺品整理作業”の契約をします。

 

ポイント2.鍵について

作業当日に遺品整理業者が家に入るための鍵は、郵送するか(返却も郵送)、キーボックスを準備して暗証番号を伝えるかして、預けます。

 

ポイント3.作業後について

鍵の手配が終わった後は、ご依頼者が特に何もしなくても、遺品整理作業は完了します。

遺品整理・片付けをした証拠として現場の写真が送られ、さらに遺品整理業者がプロの目で必要だと判断した遺品が、郵送されてきます。

遺品整理の立ち会いをする大きなメリット

ポイント

ここまで述べたように、遺品整理作業を立ち会い無しで任せられるなら「立ち会い無しの方がずっと楽だし良いのでは?」と考える方がいらっしゃるかもしれません。

しかし実際は、遺品整理作業に立ち会うからこそ、得られるメリットも数多くあるのです。

  1. 遺品をひとつずつ確認して仕分けできる
  2. 懐かしい思い出に触れられる

特に大きなメリットは上記2点。次の項目で詳しく見ていきましょう。

 

1.遺品をひとつずつ確認して仕分けできる

立ち会い無しの遺品整理の場合でも、残した方がいい遺品と、それ以外の不用品の仕分けは責任を持って行われます。

しかしやはり、遺品をひとつずつその場で確認して仕分けていく方が、より自分の意に沿った整理ができるのは確かです。

 

「捨ててほしくない物を捨てられてしまった!」ということがないので、安心できます。

 

2.懐かしい思い出に触れられる

仮に、幼少期を過ごした実家で遺品整理の立ち会いを行う場合、家の中に入るだけでも懐かしい気持ちになります。

 

実際に当社に依頼をくださった方の中には、実家の部屋の様子(昔使っていた勉強机など)を記念に写真に撮られて、思い出を噛みしめている方も多くいらっしゃいました。

 

また、家族ぐるみで仲良くしてくれていたご近所さんが、家を訪ねてこられるケースもあります。

縁のあった方々と、故人の昔話に花を咲かせることで、悲しい気持ちが少しでも和らぐかもしれません。

遺品整理に立ち会う場合は何をすればいい?

悩む夫婦

遺品整理業者の作業に立ち会う方が行うことは、主に残す遺品・処分する遺品の確認です。

先ほどのメリットの項目でも述べましたが、その場で直ぐに確認をする方が、仕分けの精度が上がり、思い通りの遺品整理ができます。

 

作業員が遺品の確認をお願いするので、それに対して「要る」「要らない」と判断すれば大丈夫です。

あとは、家の損傷具合の確認も行うことがあります。

 

作業当日に立会人が行うことはそれくらいで、不用品の処分の手配をしたり、重い物を運んだりする必要はありません。

 

※ただし、遺品整理のプランによっては、不用品の処分を自分で行う(クリーンセンターに持ち込むなど)ことで、料金が安くなるものがあります。

⇒ アーチグリーンの「せつやくプラン」

 

1日中遺品整理に立ち会う必要はない

「1日中、遺品の仕分けをするのは疲れる……」と思うかもしれませんが、終日遺品整理に立ち会う必要はないので、ご安心ください。

1日のうち数時間でもいいですし、時間をとることが難しい場合は、作業の前後に遺品の確認をするだけでも大丈夫です。

 

遺品整理作業の合間に、故人が生前お世話になった病院へ挨拶に行ったり、外にご飯を食べに行くことができます。

その間、遺品整理業者は責任を持って作業を続け、至急確認が必要な物が出てきた場合は、携帯電話で連絡します。

まとめ

故人の想い出 イメージ

以上、遺品整理業者の立ち会いに関する情報をお伝えしました。

  • 遺品整理業者の作業に必ず立ち会う必要はない
  • 1つ1つの遺品を自分の目で仕分けできることが立ち会いのメリット
  • 立ち会う場合でも、1日中立ち会う必要はない

 

遺品整理に関して、”正解の方法”というものはありません。

遺品整理業者に任せるにしても自分でやるにしても、また立ち会いをするにしてもしないにしても、ご自身が負担にならない方法を選ぶことが1番かと思います。

 

大阪の遺品整理のことならアーチグリーンにおまかせ下さい!

この記事を書いた人

アバター

archgreen-admin

遺品整理・生前整理・資産活用のご相談はこちら
0120-24-7799 FAX 06-7635-7900 年中無休 24時間 365日 受付中
サービス対応地域

日本全国、どこでも対応いたします。