menu

遺品整理における家電の処分|家電リサイクル法対象家電とそれ以外の処分法

遺品整理の家電処分

遺品整理を行う際、故人が一人暮らしであった場合、日用品の他、家電一式も不要になりますよね。

捨てるといっても、家電の中には「家電リサイクル法」と呼ばれる法律により捨て方や処分費用が決まっている品目があると、聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、それ以外の家電の処分についても、捨て方にお困りかもしれませんし、状態が良くまだ使える家電について「売れるのでは?」と考えられている方もいらっしゃるかと思います。

今回は、遺品整理で出た不要な家電の処分方法について、家電リサイクル法対象品目とそれ以外について解説します。

売れる家電や見分け方も紹介しますので是非ご参考になさってください。

家電リサイクル法の対象となる4種のリサイクル家電を処分する方法

家電リサイクル法とは正式名称を「特定家庭用機器再商品化法」といい、下記の4種類の家電を指します。

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
  • 洗濯機・乾燥機
  • 冷蔵庫・冷凍庫

これらを処分する方法は、大きく分けて次の3つです。

  1. 自分で捨てる
  2. 引き取ってもらう
  3. 買い取ってもらう

それぞれについて説明していきます。

【1】リサイクル家電を自分で捨てるとき

これらの家電を捨てる時は特別なルールがあり、次のような手順に従う必要があります。

  1. 家電のメーカーや型番・サイズなどを調べる
  2. 郵便局で家電リサイクル券を購入する
  3. 指定引き取り場所を確認する
  4. 製品を引き渡し

まずは、処分したい家電のメーカーや型番なとを調べ、郵便局でリサイクル券を購入します。

地域の指定引き取り場所を確認し、リサイクル券を家電の所定の位置に貼り付け、引き渡します。

費用目安は下の表のとおりです。

家電 費用目安
冷蔵庫 約3,500円
洗濯機 約2,500円
テレビ 約2,500円
エアコン 取り外し費用+約1,800円

※購入した電気屋さんで引き取ってもらえることもあるので、保証書などがある場合は問い合わせてみてください。
※ただし、メーカーや型番、サイズによって料金が変動するほか、リサイクル対象外の製品もありますので、お持ちの商品を一度調べる必要があります。
※エアコンに関しては、家から取り外す工事が必要で、別途料金がかかるので注意しておきましょう。取り外し料金の相場は、4000〜8000円です。
※自治体や提携業者に、別途費用を支払って運搬を依頼することもできます。運搬費用の相場は、3000〜6000円程度です。

以上は概要ですので、実際に行う際はこちらを参考になさってください。

「これで解決!家電リサイクル」(外部サイト:一般財団法人家電製品協会)

リサイクル家電を業者や個人に引き取ってもらう

業者のチェック

家電のメーカーや型番を調べたり、リサイクル券を購入したりという手間が惜しいという方は、業者に依頼して引き取ってもらうという方法や、必要とする個人に引き取ってもらうという方法もあります。

業者に依頼する場合は費用がかかり、費用相場は、業者にもよりますが、4,000〜10,000円程度です。内訳はリサイクル券の料金+事務手数料+運搬料といったところですが、一応確認しておくと良いでしょう。

念のため注意しておきたいのが、正しい手順でリサイクルを行ってくれる業者かどうかという点です。

業者の中には、依頼者から代金を受け取って、処分を引き受けた家電を、所定の引き取り所に持ち込まず、不法投棄したり、解体して部品を売却したりする、ところもあるようで問題になっています。

念のため、引き取った家電はどういう手順で処理され、どこに持ち込まれるのか確認しておくと良いでしょう。

個人に引き取ってもらう場合は、親戚や知人などで欲しいという人を探すか、ジモティーなどのSNSを利用すると良いでしょう。

業者や個人に買い取ってもらう

比較的新しく、まだ使えて状態のいい家電は買い取ってもらえる可能性があります。リサイクルショップや買取業者のほか、家電を必要としている個人に売るという手もあります。

特に、3〜5年以内に購入した国内メーカーのものなら買い手がつくことが多いので、処分を急がない場合は、売却を視野に入れるのも良いでしょう。

特に需要があるのはテレビです。ほとんどの家庭にあるとはいえ、家族で住んでいる場合、もう1つ欲しいと考えている方も多いからです。

遺品整理で出たリサイクル家電以外の家電の処分方法

細々した家電

リサイクル家電以外の家電については、大きいものは粗大ごみ、小さいものは不燃ゴミとして処分するのが一般的です。

品目にもよりますが、業者に引き取り依頼する場合は、自分でゴミに出す場合よりも3〜5倍ほどの料金がかかると考えておかれると良いでしょう。

また、特に注意しておきたいのがマッサージチェアです。1台処分するのに5000円〜1万円かかるので、もし状態が良ければ買い手や引き取り手を探すことがおすすめです。

また、買取業者に売ったり、誰かに譲るという方法もありますが、品物によって、需要のあるものとないものがあります。それぞれどんなものがあるか紹介していきます。

売れる可能性ある需要の高い家電

  • 扇風機
  • ストーブ
  • スピーカーなどオーディオ機器
  • PC
  • 国内メーカーの美容家電など

扇風機やストーブなどの季節の小型家電はスペースも取らず、中古でも構わないという方が多いので人気があります。

次に、高級オーディオ機器はコレクターや音にこだわりのある人が探しているケースがあり、高値で買い取ってもらえる可能性があります。

そして、PCなどのデジタル機器については、部品に価値があることが多いので、壊れていても買い取ってもらえることが多いです。

最後に、国内メーカーの美容家電、美顔器具やドライヤーなども、ブランド品として人気があるため最新機種でなくても買い取ってもらえることがあります。

また上記一覧にはありませんが、DVDやブルーレイの再生機器、HDレコーダーについて、2019年現在はまだ人気があるので、買い手がつくかもしれません。ただ、徐々に衰退している分野ので、売りたい場合は早く動かれることがおすすめです。

売れない可能性が高い需要の低い家電

あまり需要がなく、買い手や引き取り手が見つかりにくい家電をいくつか紹介します。

  • 調理家電(炊飯器・ポット・トースター・電子レンジ・ホットプレートなど)
  • 食洗機(取り外し・取り付け工事に金がかかる)
  • 照明(取り外し・取り付けに金がかかることがある)

やはり調理器具は、衛生面を考えると「中古は嫌だ」という方が多いようです。

また、特殊な固定具や接続端子が必要で、取り付けにコストがかかる食洗機や照明は買い手がつかない可能性があります。

遺品整理で家電を処分する場合もルールを守り売れるものは売ろう

今回は遺品整理における家電の処分方法について紹介しましたがいかがでしたか?

4種類のリサイクル家電も、それ以外の家電も、捨てる際はルールを守ることがまず大切です。

特に遠方での遺品整理の場合、その地域の自治体のルールがあるので、気をつけておきましょう。

ご自身で捨てるのが大変な時は、業者に頼むというのも一つの手ですし、需要のあるものは売って少しでも処分にかかる費用を抑えられると良いですね。

ただ親族が亡くなられた場合、することがたくさんあり、忙しいと思います。

「急いで処分したい」「手間をかけたくない」という場合は、遺品整理業者に家電もそれ以外の家具やゴミも一括で処分してもらうのも一つの手です。

弊社アーチグリーンでは、遺品整理のほか不用品の引き取りや、価値のあるものについては買取も行っていますのでお気軽に相談ください。

 

大阪で家電などの遺品整理を依頼するならアーチグリーンまで

この記事を書いた人

アバター

archgreen

遺品整理・生前整理・資産活用のご相談はこちら
0120-24-7799 FAX 06-7635-7900 年中無休 24時間 365日 受付中
サービス対応地域

日本全国、どこでも対応いたします。