menu

遺品整理で出た衣類の処分方法 | 捨てるのはもったいない!

衣類の整理イメージ

遺品整理では、大量の衣類が出てくるケースが多いです。

衣類について分別上では、“燃えるゴミ”とされる事がほとんどですが、何も全部まとめて捨ててしまうだけが、遺品整理で出てきた衣類の処分方法ではありません。

衣類によっては、「捨てるのはもったいない!」という物もあります。

今回の記事では、どうしようか悩まれる方が多い、遺品整理で出てきた衣類の処分方法に関する情報をお伝えします。

捨てるのはもったいない!価値のある衣類はどんな衣類?

衣類の価値イメージ

衣類はブランドを問わず、とにかく状態が良ければ、価値が出てくることが多いです。

ここでは特に、価値が出る可能性が高い衣類の種類を挙げていきます。

  • 着物
  • 皮もの
  • トレンド(流行)から外れていないブランドもの
  • 子ども服

有名作家の手による着物

綺麗な状態の着物は、衣類としての価値が非常に高いです。その中でも、有名な作家さんが手掛けられた着物は、特に価値があります。

当社「アーチグリーン」では、遺品整理の作業時に、ほぼ新品・外箱・のし紙つきの、某有名フォーマルブランドの着物を見つけたことがあります。

同じような状態の着物があと数着あり、まとめて8万円ほどで買取させていただきました。

状態がいい皮もの

そもそも衣類としての価値が高い、皮もの(毛皮のコートや革ジャンなど)も、ただ捨てるのはもったいないです。

ただし、すぐに着ても差し支えないくらいの、状態がいい皮ものに限ります。

骨董品などのように、衣類は古いからといってプレミア価値が付く訳ではないのです。

あくまで”実用性が大事”と言えます。

トレンド(流行)から外れていないブランドもの

後述しますが、ブランドものの衣類だからといって、一様に価値があるという訳ではありません。

衣類には常にトレンド(流行)がありますから、着る物として価値があるのは、そのトレンドから大きく外れていないものに限ります。

逆に、販売されたのが1年前など、比較的新しいブランド衣類は、まだ着られる物として価値が高めです。

状態がいい子ども服

意外かもしれませんが、子ども服にも、ただ捨てるにはもったいない価値があります。

子ども服はすぐにサイズアウトし、汚れる機会も多いという点から、大人の衣類に加えてかなり頻繁な購入が必要です。

そのため、「中古でもいいから、安く大量に子ども服が欲しい」と思われている方が多く、子ども服には需要があるのです。

価値が低い・価値の無い衣類

先ほどとは逆に、査定の対象にはなるかもしれませんが、価値が低い・価値がない可能性が高い衣類を取り上げてみましょう。

ちなみに、著しく汚れている、またはニオイのついている衣類は、どんな物でも価値がほぼ無いと思っておいた方がいいです。

  • 着物の喪服
  • 下着類

着物の喪服

着物の喪服は、そもそもの需要の少なさから、想定しているよりも価値が低いことが多いです。

年季の入っている喪服は、平均身長が高くなった現代の人の体型には合わないことが、需要の少なさの原因の1つでしょう。

下着類

下着類は全般、衣類としての価値はありません。

引き取り手も無いでしょうから、何も気にせず捨ててしまって大丈夫です。

遺品整理で出てきた衣類の4つの処分方法

4つの方法

記事の冒頭で説明したように、遺品整理で出てきた衣類は、ただ捨てるだけが処分方法ではありません。

以下で、遺品整理で出てきた衣類の処分方法として、代表的なものを取り上げます。

  • 形見分け
  • 福祉施設への寄付
  • 布としてのリサイクル
  • フリマアプリでの出品

形見分けについて

「故人の想い出を少しでも側に置いておきたい」、そのような観点で衣類の処分方法を考えるなら、形見分けをオススメします。

特に着物は、形見としてご親族が受け継ぐケースが、実際に多いです。

当社「アーチグリーン」では、お母様の着物を娘さんが受け継ぎ、自分や自分の娘がいつか着られたら嬉しいと仰られたケースがありました。

福祉施設への寄付について

売ってもお金にはならないけど、捨てるのももったいない衣類が大量にある場合、福祉施設への寄付をすることも1つの方法です。

結果としてお金にはなりませんが、どこかで誰かの役に立つことが、嬉しいと思えます。

当社「アーチグリーン」にも親交のある福祉施設があるため、「捨てるのももったいないな……」とお考えのお客様に、衣類の寄付の提案・手配をすることがよくあります。

布としてのリサイクルについて

例え価値が無い衣類でも、大量にあるようなら、服ではなく布としてリサイクルする方法があります。

布リサイクルは、古紙のリサイクルと同じようなイメージです。”10キロで○○円”というように、まとめて引き取ってもらえます。

服のリサイクルほど高値がつく訳ではないですが、それでも処分代を浮かせられることにはなるので、有効な衣類の処分方法の1つと言えるでしょう。

フリマアプリでの出品について

近年流行しているフリマアプリ(フリーマーケットアプリ)に、衣類を出品することも1つの方法です。

遺品ということで購入に抵抗がある方もいますが、需要はゼロではありません。試してみる価値は存分にあります。

なぜリサイクルショップや古着屋への持ち込みではなく、あえてフリマアプリを取り上げているのかというと、フリマアプリの方が、高く売れる可能性が高いためです。

自分での梱包や発送に手間がかかるものの、リターンが大きいというメリットは魅力的です。

遺品整理業者はどんな衣類も1枚1枚チェック

衣類の片付けイメージ

以上、遺品整理で出てきた衣類の価値や、処分方法についてお伝えしました。

「もう誰も着ないかな……」と思う衣類も、わずかながらお金になったり、どこかで誰かの役に立ったりすることが十分あり得るので、ぜひすぐに捨てることを決めずに、他の方法も検討してみてください!

ちなみに、遺品整理業者である当社「アーチグリーン」では、どんな衣類も1枚1枚チェックします。

そして、その衣類に価値がありそうか、それとも無さそうか、判断できるのです。(価値があるかもと判断したものは、専門業者に依頼し、精査をしてもらうので安心です。)

さらに、この記事で紹介した衣類処分の手配も、一部可能です。

遺品整理業者に依頼をすると、整理作業そのものと同時に衣類の処分ができることが、遺品整理を手早く進めたい方にとっての大きなメリットですね!

大阪で衣類を含めた遺品整理のことならアーチグリーンにお任せください!

この記事を書いた人

アバター

archgreen-admin

関連記事

  • 現在関連はございません。
遺品整理・生前整理・資産活用のご相談はこちら
0120-24-7799 FAX 06-7635-7900 年中無休 24時間 365日 受付中
サービス対応地域

日本全国、どこでも対応いたします。