menu

遺品整理と生前整理はどちらがラク?違いと特徴、料金相場。

人が日々の生活をしている中で、大なり小なり家の中の物が自然と増えてくるものです。
親が歳をとってきたり、自分自身が歳をとってきたりすると、親(自分)が亡くなった後に家族に迷惑をかけないようにしたいと考える人が多くなるのではないでしょうか。

誰しも、自分がいつかは亡くなるのだという避けて通れない現実と向き合い、身の回りの物をスッキリと整理しておく機会を持つのは、とても大切なことです。

ここでは、「今のうちに、遺品整理の準備や生前整理を行いたい」と考えている方や、「遺品整理と生前整理の違いって何?」という素朴な疑問を持っている方に、手間や料金についてわかりやすく解説します。

 

遺品整理と生前整理の違いは?

遺品整理と生前整理は、荷物の整理をするという点においては同じです。しかし、整理を行う人、目的や時期が全く異なります。遺品整理とは、亡くなられた方が所有されていた荷物を、家族などが整理することです。

一方、生前整理とは、生きているうちに本人が自らの荷物を自分で整理整頓して、必要なものと要らないものを分けて、不要なものを処分することを言います。

このように、遺品整理と生前整理は言葉だけ見ると似ていますが、全然違う行為を意味しているのです。ここでは、遺品整理と生前整理の特徴について解説していきます。

 

遺品整理の特徴

  • 本人が亡くなっている
  • 大事な物の場所がわかりにくい
  • 引き払うのに時間がない
  • 家族、子どもの負担が大きい

遺品整理において、一番大変なのは物の持ち主である本人が亡くなっておられるため、大切なものがどこに置いてあるのかわからないことです。

例えば、通帳や印鑑、賃貸物件の契約書などが見つからないと、法的な手続きを進めることが困難になります。亡くなられた方が賃貸物件に住んでいた場合、部屋を引き払うまでに時間がない場合もあるでしょう。

そんな時、手がかりもなく一から探すのは、遺品整理をする遺族の方の負担が、時間的にも精神的にも大きくなってしまいます。

 

生前整理との特徴

  • 本人が健在
  • 大事な物の場所がわかる
  • 時間に余裕をもって整理できる
  • 家族、子どもの負担が小さい

一方、生前整理の場合は、本人が生きているうちに自分で荷物の整理を行います。そのため、大事な物の置き場所がわかります。

また、元気なうちから早めに始めておくことで、時間に余裕をもって少しずつ整理することが可能です。結果的に、家族や子どもたちの負担を減らすことができます。

最近では、終活の一つとして生前整理を行う人も増えてきていますが、いつから始めるのが良いという明確な期限が決まっているものでもありません。

ただ、いざ手を付けようとしたら、思いのほか物が多くて途方に暮れたり、また体力や気力がだんだん衰えてきたりするものです。

 

このように、遺品整理と生前整理の違いは、持ち主が健在がどうか、また整理の依頼から実際に行うのが本人か家族か、という点にあります。

親御さんがお元気なうちは、なかなか親子間で切り出しにくい話題ではありますが、誰しもいつ亡くなるかはわかりません。できるうちに生前整理をしておくことで、家族や子どもたちに負担を減らすことができるのだと、折に触れてさりげなく伝えておくのも大切です。

 

生前整理をしておく方がはるかに楽

ここまで、遺品整理と生前整理の違いと、それぞれの特徴について見てきましたが、生前整理をしておく方がはるかに楽で、多くのメリットがあります。

生前整理を行うことで、普段の生活では出番の減っていたものや、タンスや引き出しの奥にしまい込んでいて、長らく存在さえ忘れていたようなものが見つかるといったことがあるかもしれません。

懐かしい記憶や思い出がよみがえり、改めてその大切さに気付くこともあるでしょう。出てきたものがこれから先も残しておきたいものか、処分して良いものかも、持ち主である本人ならば判断がしやすいはずです。

ケガや病気をきっかけに、自宅のリフォームをすることになったとか、息子・娘の家族が戻ってきて同居することになって、2世帯住宅にするとか、施設に移ることになったとか。事情は様々ですが、何かきっかけがあって急に荷物を整理する必要が出てくるケースは、実際によくある話です。

もちろん、そういったきっかけが特になくても、早くから始めておくのに越したことはありません。生前整理は日々の生活をしながら、マイペースで少しずつ整理できるのがメリットだと言えます。

遺品整理の場合だと、退去期限が決まっていたり、家族が遠方から何度も来るのが大変というケースが多いです。

また、思いがけないお宝が見つかって、相続で揉め事が起きるといったトラブルも回避できます。

本人に積極的に整理する意思があればベストなのですが、ご家族だけがいくら熱心に考えていても、肝心の本人が消極的な場合、生前整理には時間がかかることもあります。残された家族や子どもに迷惑をかけないためにも、積極的な生前整理をしておくのがベストです。

 

生前整理で準備しておくこと

いざ生前整理を始めようと思っても、何から手を付けたら良いかピンとこない人も多いのではないでしょうか。生前整理は単なる荷物の片づけや、長年使っていなかった不要品の整理だけではありません。

財産の目録や遺言書、エンディングノートの作成といった準備をしておくと、後々スムーズです。

 

財産の目録作成

財産目録とは、現金や預貯金、不動産や株式など財産の一覧表のことです。負債等がある場合は、それについても記載します。

自分の財産目録を生前に作成しておくメリットは、相続税対策になるだけでなく、遺言の内容を検討したり、相続人に遺産の詳細を知らせるといったものが挙げられます。

財産目録があれば、相続人の負担が大幅に軽減できます。パソコンで作成する際に便利なテンプレートも、インターネットで検索するといろいろ出ていますので、参考にすると良いでしょう。

長年使っていない物を処分

部屋の中の片付けを行い、不要なものを処分しておくことで、亡くなった後の家族の負担を軽減できます。一般的に、何年も使っていないような物は、結局その後も使わないことが多いと言われています。

売却できる価値のあるものは、売却するのも一つの選択です。喜んでもらってくれる人がいる物であれば、譲渡するのも良いですね。売却も譲渡もできないものは、思い切って処分しておきましょう。

遺言書の作成

本来、遺言書とは、残された家族間で争いが起こりにくいようにする目的で作成されるものです。

しかし、内容の不備が見つかれば、最悪の場合は無効になってしまうこともあります。誤解を生まない内容、不公平感が残らないような書き方をしておくことも大切です。

遺言書に法的に確かな効力を持たせるための細かいルールが定められていますが、最低限押さえておきたいルールとして、

  • 表題は「遺言書」とする
  • 全文を直筆で書き、署名・押印をする
  • 末尾に書いた日付を確定できる形で記載する

といった項目が挙げられます。

弁護士や行政書士など、法律のプロに相談・依頼するのも一つです。

エンディングノートの作成

エンディングノートは、生前整理を初めて行う人にも比較的書きやすい、ややカジュアルなツールです。様々なフォーマットの物が出回っていますが、マイナンバーや金融機関の口座番号、クレジットカードの番号、親族や友人の連絡先などを書く欄があります。

いきなり遺言書や財産目録を書くのはハードルが高いと感じる人は、エンディングノートから始めてみるのが良いでしょう。

生前整理は、一度にいきなりやろうと思ってできるものではありません。まずは、できるところから、少しずつ取り組んでいきましょう。

先々のことを考えて、「終活のためにやるんだ」と考えると始めやすいのではないでしょうか。

 

とはいえ、全部自分でやるのは、何から手をつければいいのかわからないし、どうやれば良いかもわかりませんよね? やみくもに自分ひとりで、あるいは家族間だけでがんばろうとしても、時間と手間が余計にかかってしまうかもしれません。

そんな時は、生前整理業者を使うという手もあります。自分自身がより良く生きるため、さらに残された家族が苦労しないために、ベストな方法を探していきましょう。

 

生前整理を業者に依頼するメリット

生前整理業者の主な仕事内容は、「仕分けと整理」です。

物の量や、当事者の年齢や心身の状態にもよりますが、本人と家族だけで全てを行うのは、何かと大変で億劫なもの。

そんな時、プロの業者に依頼するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。依頼するとどんなメリットがあるのか、解説します。

 

時間の節約になり手間が省ける

依頼することによる大きなメリットは、何と言っても「時間と労力を大幅に削減できる」こと。特に、大型の家電や家具を移動・処分するのは、なかなか大変な作業です。その点、プロは手馴れており、短時間で作業を終えてくれます。

価値あるものの判断を業者がしてくれる

自分だけで生前整理をしていると、本当はとても価値がある物、たとえば骨董品や貴金属などの貴重品、珍しいおもちゃ等を知らずに捨ててしまうことがあるかもしれません。知っていれば、売却などを検討することもできるので、とてももったいない話です。

そんな場面でも、プロの業者なら自分ではできないことをやってもらえます。誤って処分してしまう可能性が減るだけでなく、現時点で世の中で価値があるものを熟知しているので、品物を的確に整理してくれますよ。

業者と一緒に整理するのでアドバイスをもらいながら進められる

生前整理を業者に依頼すると言っても、何も丸投げするばかりではありません。手元に残すのか処分するのかを決めるため、業者は持ち主であるご本人にいろいろな質問をします。

たとえば、「長年、置きっぱなしの物はありますか?」「これは今のうちなら価値があるから売れますよ」「こうした方が住みやすくなりますよ」等々、プロならではの視点で的確なアドバイスをもらいながら整理を進めていくので、何を減らしたくて、本当に残したいものが何なのかが明確になります。

世間話をたくさんしながら、物についての思い出話などをする中で、自然と未練を吹っ切れる方が多くいらっしゃいます。家族が何度も言っても、なかなか耳を貸さなかったようなケースでも、スムーズに整理が進められるのも、業者に依頼するメリットです。

福祉や介護の現場にも共通することかもしれませんが、ご本人と家族だけで何とかしようとせずに、外部から第三者の助けを借りるのが、うまく進めるポイントなのかもしれません。

生前整理を行う業者を選ぶポイントと料金相場

では、実際に業者に依頼しようと思った時に、どんな業者を選ぶと良いのでしょうか。

賢く生前整理を行うためにぜひ知っておきたい、生前整理を行う業者を選ぶポイントと料金の相場をお伝えします。

料金体系が明確な業者を選ぶ

生前整理は、遺品整理よりも時間がかかります。その理由は、要る物をひとつずつ確認して、悩みながら捨てていくことになるからです。何日かに分けて行うことも珍しくありません。

業者を選ぶ際には、料金体系がしっかりしていることを確認しましょう。

良い業者は、「作業日数は、〇日間で考えています。この値段(〇〇円)です。追加料金は発生しません」といったように、明確に伝えてくれます。

一方、悪い業者は「ひとまず1日作業に入ってみて、あとはそれから考えます」など、曖昧な返事をされます。この場合、後から予想以上の追加料金が発生して、トラブルになることもあります。

料金相場は20万円~50万円

一般的に生前整理・遺品整理の料金相場は、20万円~50万円です。

※2階建て一戸建ての遺品整理の料金相場は、30~50万円です。

生前整理の場合は、燃えるゴミであれば家庭で何度かに分けてゴミ出しをすることができます。大型ゴミも、居住地域の廃品回収や粗大ごみで対応できますので、10万円ほど安く済むケースが多いです。

一方、遺品整理の場合は、すぐに出て行かないといけないため、業者がゴミを引き取って処分しなければなりません。そのため、トラック代や人件費、処分代などがかかり、その分の作業料金が高くなるのです。

まとめ

以上、遺品整理と生前整理の違いと特徴を説明してきました。

遺品整理は

  • 家族の負担が大きくなる
  • 時間的なリミットがある
  • 揉め事が発生しやすい

生前整理は

  • 終活の一環として、早くから始めておくと楽
  • まずは、エンディングノートから作成してみると良い
  • プロの業者に依頼するメリットが大きい(時間の節約、手間が省ける、価値の判断、アドバイス)
  • 料金体系が明確な業者を選ぼう

ということになります。

遺品整理や生前整理をお考えの方は、料金体系がはっきりわかる業者に依頼してみましょう。

当社アーチグリーンでも、まずは無料で見積りを出させていただきます。まずはお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人

東 藍

東 藍

【生前整理診断士】
遺品整理・生前整理でお悩みなら何でもご相談ください。
私たちがお手伝いできることがたくさんあります。
<認定番号:39SSA01773>
一般社団法人生前整理普及協会 
https://seizenseiri.net/

遺品整理・生前整理・資産活用のご相談はこちら
0120-24-7799 FAX 06-7635-7900 年中無休 24時間 365日 受付中
サービス対応地域

日本全国、どこでも対応いたします。