menu

遺品整理で仏壇はどうすればいい?引き継ぎや処分方法・供養について紹介

遺品整理で仏壇はどうする?

遺品整理で多くの方が対処に困るものとして仏壇が挙げられます。

「仏壇をどうするか迷っているんですが他の方はどうされてますか?」
「仏壇を処分したいのですが、供養は必要ですか?」

このような疑問を抱かれている方も多いのではないでしょうか。

今回は遺品整理で仏壇をどうするかについて紹介します。

遺品整理における仏壇への対応

まず遺品整理における仏壇への対応について簡単にまとめました。

仏壇は引き継ぐか処分するか

1.遺族が引き継ぐ

2.処分する
1)供養する
2)供養しない

対応として引き継ぐか、処分するかの2つに分かれ、処分する際に供養するかどうかという点が問われます。

それぞれ後ほど詳しく説明します。

神棚など他の宗教の祭壇の場合

仏壇以外にも神棚や、天理教など他の宗教の祭壇がある場合、親族に詳しい方がいらっしゃれば今までどのようにしていたか聞くか、宗教団体に問い合わせて、どうするか決められるのが良いでしょう。

故人が交流のない親戚・身寄りのない方の場合

故人が、ほとんど会ったことのない遠い親戚の場合どのような信仰があったかわかりませんよね。

また、身寄りのない方が孤独死され、遺品整理を代行する場合も同様のお悩みがあるかと思います。

そういった場合は、遺品整理業者に一度見に来てもらった際に、信仰があったかどうか、宗派は何かなどを調べてもらえる可能性があります。

仏壇を引き継ぐ場合の注意点やポイント

ここでは、ご遺族が仏壇を引き継ぐ場合の注意点とポイントを説明します。

お坊さんに「仏壇の引越し」をしてもらうのがベター

仏壇を引き継いで、ご遺族の方の家に運ぶ場合、1度お坊さんに来てもらって、魂を抜いて、移動後にまた入れてもらう手順を踏まれる方もいらっしゃいます。

そのまま運ばれる方もいらっしゃいますが、気持ちの問題ですので、親族と相談して決められると良いでしょう。

位牌だけ引き継ぐ・仏壇のリメイクをするケースも

引き継ぎたいとお考えでも、残された仏壇が大きすぎる場合は困りますよね。

位牌だけ引き継ぐことや、小さい仏壇に変える、既存の仏壇をリメイクして引き継がれる家のサイズに合うようにするというケースもあります。

位牌

仏壇を処分する際に供養するかどうかは人それぞれ

仏壇を処分する際に、供養するかどうかは迷われる方が多く、他の人がどうされているか気になるところかもしれません。

正直なところ供養は気持ちの問題で、されるかされないかは人それぞれです。

ただ、独断で処分してしまうと、後々親族から「供養もせずに処分するなんて・・・」などとトラブルに繋がる可能性もありますので、1度親族一同と相談してから決められることがおすすめです。

仏壇を供養してもらうときに知っておきたいこと

仏壇を供養すると決められた方に、2つの仏壇供養の方法と、事前準備についてお伝えします。

2つの仏壇供養の方法と費用相場

供養

1.現場にお坊さんを呼んで供養

故人のお部屋にお坊さんを呼んで、魂を抜いてもらう供養をしてもらいます。

お坊さんはなじみのお寺の方が望ましいですが、頼めるところがない場合は遺品整理業者から紹介してもらうことも出来ます。

費用はお布施という形で、気持ちの問題ですが、だいたい3万円~程度と見ておかれると良いでしょう。

2.業者で引き取ってから合同供養

現場にお坊さんを呼ぶのが難しい時は、仏壇を遺品整理業者に引き取ってもらい、お寺などで合同供養をしてもらうという方法があります。

宗派などを伝えると供養できるお寺を探してもらえます。

費用は大体8000円~、ただ、位牌の数などによって変わりますので、1度見積もりを取られることがおすすめです。

供養の前にしておくべき3つのこと

供養の方法が決まったら次の3つの準備をしておきましょう。

  • 仏壇周りの整理をしておく
  • 仏壇をきれいにしておく
  • 親族に報告しておく

仏壇周りの貴重品や残す物をしっかり整理し、ホコリや汚れをふき取って、気持ちよく供養できる状態にしましょう。

そして、いつ・どのように供養する事になったか、親族への報告も忘れずに行なってくださいね。

遺品整理で処分する仏壇は下取りしてもらえる?

処分する仏壇について「買い取ってもらえたりしないですか…?」というお声も聞くことがあります。

正直なところ、よほどの意匠や材質、金を使った装飾などがない限り、高額で売れることはありません。

むしろ、値段が付かないことのほうが多いですが、もしかするとお買い求めになった仏具屋さんで下取りしてもらえるかもしれないので、1度問い合わせてみると良いでしょう。

仏壇の処分や供養については遺品整理前に親族と相談することが大切

遺族と相談

今回は遺品整理における仏壇への対応について紹介しましたがいかがでしたか?

仏壇を引き継ぐことが出来ない場合、処分にあたって供養が必要かどうか迷われることも多いですが、大切なのは親族としっかり相談して決めることです。

昨今は、仏壇などに思い入れがなく、すっぱりと処分される方も増えていますが、やはり信仰を大切にされている方もいらっしゃいますので、後悔やトラブルのないように話し合いをなさってくださいね。

 

弊社アーチグリーンでは遺品整理における仏壇についての相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

アバター

archgreen

遺品整理・生前整理・資産活用のご相談はこちら
0120-24-7799 FAX 06-7635-7900 年中無休 24時間 365日 受付中
サービス対応地域

日本全国、どこでも対応いたします。