menu

遺品整理にかかる料金は?|費用をおさえる方法と見積もり時の業者の見極め方

遺品整理料金相場

遺品整理を業者に頼むとなると、いくらぐらいお金がかかるのか気になりますよね。

今回は遺品整理の料金相場についてご紹介するとともに、料金を左右するポイント、お見積もり時の業者の見極め方などもご説明します。

目次

遺品整理の料金相場はワンルームで3万円程度・2階建て住宅で15万円程度

遺品整理の料金相場は、ワンルームで3万円程度・2階建住宅の場合大体15万円程度と言われています。

その他代表的な住宅タイプごとの相場は以下の通りです

  • 長屋:約50,000円
  • 1LDK:約70,000円
  • 3LDK:約15万円
  • 庭付き一軒家:約35万円

ただ、この料金はあくまで相場なので、部屋の広さや物の量でもっと安くなる場合も高くなる場合もあります。

遺品整理の料金を左右する4つのポイント

料金相場はあるものの、部屋の広さや物の量で料金が変わると、先ほどもお伝えしましたが、ここでは遺品整理の料金を左右する4つのポイントを紹介します。

  1. スタッフの人数
  2. 作業にかかる時間
  3. 処分にかかる費用
  4. 車両にかかる費用

それぞれの内容を見ていきましょう。

【1】スタッフの人数

遺品整理業者のスタッフに何人来てもらうかで、料金が変わります。物が多い、敷地が広いと人数が必要です。

3LDKや2階建て住宅の場合だと3人以上が目安です。

【2】作業にかかる時間

作業にかかる時間が長くなるとその分料金も上がります。

作業時間は、物の量が多いと長くなるのはもちろん、たくさんの遺品を仕分けたり、その中から探す物があったりする場合にも長くかかると見ておいたほうが良いでしょう。

3LDKや2階建て住宅の場合だと5時間以上かかることが多いです。

【3】不用品処分にかかる費用

遺品整理では、故人が使用していた家財などの不用品の処分が必要になる場合もあります。

物にもよりますが大型家具や布団、家電は処分に費用がかかります。

【4】車両にかかる費用

家財を運び出す時に使用するトラックなどの車代も必要です。

物が多い時は台数が増えることもあります。

遺品整理

遺品整理の料金が相場より安く・高くなるのはどんな場合?

前章で紹介した、4つのポイントが大きく関わってきますが、遺品整理の費用が相場より安くなるケース、高くなるケースを紹介します。

ここまでで、もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、遺品整理の料金の決まり方はは引越し料金の決まり方と非常によく似ています。

引越し経験のある方は、そういった点も意識してご覧ください。

遺品整理の費用を抑えられる可能性がある5つのケース

  1. 遺族・知人で手伝ってくれる人がいる場合
  2. 自治体のサービスを利用してご自身で不用品を処分する場合
  3. 貴金属・ブランド物などの買取をしてもらう場合
  4. 重要な物を先に見つけ出しておく場合
  5. 作業日にこだわりがない場合・いつでもいい場合

【1】遺族・知人で手伝ってくれる人がいる場合

依頼主のほか遺族や知人が遺品整理を手伝える場合、スタッフの人数を削減できるので料金を抑えることができる可能性があります。

最初から1人のスタッフと決まっている場合や、特殊な資格を持つスタッフが必要な場合は難しいかもしれません。

【2】自治体のサービスを利用してご自身で不用品を処分する場合

「不用品買取」「不用品無料回収」などの広告をご覧になったことがある方は、意外に思われるかもしれませんが、ほとんどの不用品は処分にお金がかかります。

特に布団や家具は多くの方が処分されますが、無料で引き取ってくれるところはほぼありません。

一番安く不用品を処分する方法は、実は自治体のサービスを利用することです。申し込みや、チケットの貼り付けは面倒かもしれませんが、ご自身で処分されると費用を抑えることができます。

【3】貴金属・ブランド物などの買取をしてもらう場合

貴金属やブランド物の査定・買取を代行してくれる業者もあり、事前査定などで料金から値引きしてもらえる場合があります。

もちろん、貴重品だけ残して後から自分で売りに行くこともできますが、買取業者を探して、査定してもらって…と、遺品整理が済んでからも面倒が続くのは大変という方は、買い取り査定込みで遺品整理を依頼できる業者を探されると良いでしょう。

アーチグリーンの不用品買取についてはこちらをご覧ください
「不要品を売ってかしこく遺品整理」

【4】重要な物を先に見つけ出しておく場合

貴重品のほか形見となる思い出の品などを依頼前に探しておくと、作業時間が短縮でき、安くなる可能性があります。

あらかじめ目に付く大事な物を分けておく、特に時間のかかる書類の仕分けは先にやっておくなどのひと手間で時間が短縮できます。

部屋の中が雑然として、事前に自分で行なうのが難しいという場合は、「残す物リスト」だけでも作っておくことがおすすめです。

【5】作業日にこだわりがない場合・いつでもいい場合

遺品整理業者に来てもらう日にこだわりがない場合も安く出来ることがあります。

作業日にこだわりがない場合、業者の空いている日程に合わせられると伝えることで少しお安くなることもあるようです。

遺品整理

料金相場より高くなる可能性がある4つのケース

  1. 急ぎの場合・土日など限られた日程しか難しい場合
  2. 貴重品も含めどこに何があるか全くわからない
  3. 残す物を相談しながら決めたい場合
  4. 生前整理・福祉引越しのための整理の場合

【1】急ぎの場合

賃貸住宅を引き払う日が決まっている、親戚が集まれる日が限られている場合で、急ぎでの作業が必要な場合、高くなる可能性があります。

【2】どこに何があるか全くわからない

部屋の中のどこに何があるか全く把握できない場合、作業時間が長くなる可能性があり、料金も上がります。

特に故人と離れてお住まいだった場合、たとえ片付いていても、部屋のどこに何があるのか分からないということもよくあるので、1度ご自身で下見をされてみるのも良いかもしれません。

【3】残す物を相談しながら決めたい場合

遺品整理に立会い、1つずつ確認しながら処分するかどうか決めたいという場合も、通常より時間がかかり、料金も割高になる可能性が高いです。

【4】生前整理・福祉引越しのための整理の場合

生前整理や老人ホームへの引越しに際しての持ち物整理なども高くなることが多いです。

本人が生きているなら、スムーズに進むと思われるかもしれませんが、逆に思い入れが強いので、立会いの上、処分するか残すか、形見として誰に残すかなど考えながらの作業になりますので時間がかかると考えられます。

見積もり時に伝えておくと費用が抑えられるかもしれない意外なポイント

ここでは費用を抑えられるかもしれない意外なポイントを紹介します。

こちらから言うまで聞いてくれない業者もあるので、申告してみることがおすすめです。

  1. 故人の性格と趣味
  2. 鍵を預けられるかどうか

【1】故人の性格と趣味

故人の性格を伝えておくと、「どこに何があるか」の予測がしやすく作業がスムーズなり時間短縮につながる可能性があります。

例えば「几帳面」ならキッチリ物をしまっている可能性が高い、「ズボラ」なら、使った物をそのまま置きっぱなしにしていて、生活スペースの周りに関連する物がある可能性が高いなど、です。

ただし、経験豊富な業者でないと情報を活用できないこともあります。

また、故人の趣味について、趣味の道具やコレクションが高価で買い取り可能な場合もあります。

特に切手やコインなどはしまいこんでいるとなかなか見つけられず気付かず処分してしまう可能性があるので、先に「切手収集などの趣味があったのでもし、価値のある物があれば置いておいて欲しい」などと伝えておくことがおすすめです。

【2】鍵を預けられるかどうか

立会いなしで業者の都合のいいタイミングで作業を行なえるなら、費用が安くなる可能性があります。

故人が一人暮らししていた部屋などの場合で、鍵を預けて作業を任せられるならその旨を伝えてみると良いでしょう

遺品整理は見積もり時の料金が全てじゃない!優良業者を見極める5つのポイント

遺品整理業者

遺品整理は、「できるだけ安く済ませたい」「丁寧にやってほしい」などそれぞれ求められているサービスの質は様々かもしれません。

しかし、後悔しない遺品整理のために業者を見極めるポイントを5つ紹介します。

  1. 対応は丁寧か
  2. お部屋の細部まで時間をかけて見てくれるか
  3. 作業の流れ・段取りを分かりやすく説明してくれるか
  4. 実績があるかどうか
  5. 遺品整理以外にどういうサービスがあるか

【1】対応は丁寧か

見積もり時に丁寧に対応してくれる業者がおすすめです。

ご遺族が葬儀などで心身ともにお疲れということも踏まえ、気持ちの良いお付き合いができる業者を選びましょう。

もちろん対応だけが全てではありませんが、同じ料金・同じサービスなら断然丁寧な業者が良いでしょう。

【2】お部屋の細部まで時間をかけて見てくれるか

スピーディーに見積もりが済むと楽とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、室内をさっと見渡すだけで見積もりを完了させる業者は危険です。

部屋の中をしっかり見てくれる、例えば、押入れの中身を確認したり、ほかに部屋がないか聞いてくれたり、買取できそうな物の目星を付け簡単な査定をしたりしてくれる業者のほうが、話が早いです。

また、エアコンやバスタブなどの取り外しが必要かどうかなど、依頼者自身も気づかないポイントにも注目してくれると尚良いでしょう。

後から追加で費用がかかるリスクを考えると先にしっかり見ておいてもらうことがおすすめです。

【3】作業の流れ・段取りを分かりやすく説明してくれるか

見積もり後の申し込みの手続きや、実際の作業の流れなどを分かりやすく説明してくれるかも重要です。

もしかすると、「やってもらえると思っていたのに」という作業がサービスに含まれないことや、追加料金がかかるケースもあります。

作業の流れをしっかりと説明し質問にも丁寧に答えてくれる業者が安心でしょう。

【4】実績があるかどうか

事前にホームページで似たような事例があるかどうか、どういうサービスで費用感なのかをチェックするのもひとつの手です

また、見積もりスタッフに直接「不用品はどうされる方が多いですか?今までも似たような部屋がありましたか?」など、聞いてみるのもおすすめです。

【5】遺品整理以外にどういうサービスがあるか

遺品整理業者では遺品整理以外のサービスを展開している場合があります。

例えば、ハウスクリーニング・不用品買取・物件活用(不動産業)など、様々ですが、もし故人の部屋や家をどうするか決められている場合、決められない場合は、遺品整理後のことも含め相談に乗ってくれる業者がおすすめです。

その会社で出来なくても、提携企業との窓口になってもらえる可能性もありますよ。

遺品整理の料金相場はあくまで目安!自分に合ったサービスを選びましょう

今回は、遺品整理の料金相場や、料金の決まり方について紹介しましたが、いかがでしたか?

故人のお部屋の大きやさ状態を見て、大体の相場を踏まえ、どんなサービスを受けたいのかを考えて、業者を選ばれることがおすすめです。

弊社アーチグリーンではお客様の目的に合わせた3つのスタンダードプランをご用意しておりますので、一度参考までにご覧いただけますと幸いです。

アーチグリーンの3つの遺品整理プランについて詳しくはこちら

この記事を書いた人

アバター

archgreen

関連記事

  • 現在関連はございません。
遺品整理・生前整理・資産活用のご相談はこちら
0120-24-7799 FAX 06-7635-7900 年中無休 24時間 365日 受付中
サービス対応地域

日本全国、どこでも対応いたします。